ブログ

陳情申し入れ

2011年04月28日


本日は団会議があり登庁、会議と新人研修会の時間の合間を見て、昨日、地域の方よりお話しを頂いた、ある件に関する申し入れをして参りました。
地域において重要な事だと思いますので進展次第またこのブログを更新並びに追加で報告をして参ります。

おしもとよしじ

ブレーメン通り商店街青年部ブログ開設

2011年04月27日


ブレーメン通り商店街青年部のブログを立ち上げました!

アドレスは

http://ameblo.jp/bresh/




是非ともご覧ください!



おしもとよしじ

統一地方選挙後半戦

2011年04月25日


ブログをお読みいただきありがとうございます!
今日は選挙管理委員会に事務手続きを終えた後、大田区議会議員候補の馬橋やすとき事務所へ、大田区において投票日は昨日の日曜日、開票は翌日の今日行われました。
結果は見事当選!同じく27歳の地方議員の誕生です。また昨日投開票が行われた平塚からも同じく27歳の米村候補が市議に当選致しました。
米村候補とは、2009年川崎市長選挙の同日に行われた参議院の補欠選挙で当選、昨年の参議院選挙で2期目の当選をした、金子洋一参議院議員の公設秘書として活動していた方で、民主党公認の面接会場で久しぶりに再会をし、短期間の決戦に挑んだ戦友であります。
また同じく生まれ育った地元で立候補、また6月生まれと共通する点も多く、結果が気になっていました。本当に嬉しく思います!
地域を超えて地方議員として地域から今の政治不信の払拭、経済活性化を共に訴えて参りましょう!
写真は馬橋候補の出陣式です!マイクを握るのは、田中健都議会議員、左はテレビなどでお馴染みの松原仁衆議院議員です。

おしもとよしじ 20110425 oshimoto.jpg

中原ライオンズクラブ協賛住吉地区野球・ドッチボール大会

2011年04月24日


本日は昨日の大雨にうってかわり、素晴らしい天候の下、中原ライオンズクラブ協賛住吉地区野球・ドッチボール大会が開催されました。私も開会式に参加して参りました。
やっぱり子供は外で元気良く運動することが何よりです!
ちなみに私も小学校の時に所属をしていた苅宿少年野球部、父もコーチとして兄も選手をしていたチームという事で試合を観戦していますと、当時から部長を務める方から激励のお言葉を頂き、私の当選を心から喜んでくださいました。本当に嬉しく思います。
話しは変わりますが、苅宿チームはピッチャーは女の子でなかなか良い球を投げていました!最初の打者を三振に打ち取るとワッと歓声があがり、一日のスタートに素晴らしい立ち上がりを見せました!
今後の更なる活躍が期待されます!

おしもとよしじ

ブレーメン商店街総会

2011年04月23日


いつもブログをお読みいただきありがとうございますm(_ _)m
昨日は、モトスミ・ブレーメン通り商店街の総会があり、参加をして参りました。
理事長の安心安全なまちづくりの一端を担う商店街に懸ける熱い想い、また復興支援のイベント開催を行っていくという心意気に、私も一青年部員として、出来る限りの協力と、まずもって5月22日の東北復興支援イベント「けぇ」(東北地方の方便で食えという意味だそうです)の成功に全力を挙げたいと思います。
ちなみに今日より元住吉駅西口エスカレーターが再開されましたのでご確認くださいませ!

おしもとよしじ

川崎市補正予算

2011年04月22日


ブログをお読みいただきありがとうございます!
川崎市は4月19日付けで、この震災に関して補正予算を組み、阿部市長の専決処分により、執行致しました。
全体で6億6800万円、内容は被災地・被災者等への支援に1億円、市民生活の安全・安心を守る取組に4億4300万円、地域経済の活性化に向けた取組に7500万円、そのうち地域活性化として商店街対策に1500万円の予算がつきました。最後に全市をあげた節電の取組に5000万円。
内容をひとつひとつ詰めていかなければならない事もありますが、この商店街対策としての1500万円というのは少な過ぎる印象を受けます。
商店街はイベントやお祭りなどの自粛により、お客様の数も減り、かき入れ時の夕方には節電によってうす暗い商店街に人が足を止めず、そのまま帰宅する方も多い。そんな状態が続くと売上も大幅に減り、利益も上がらず、従業員の給料などにも響くことになる。給料も減れば、経済活動もさらに自粛する事になり、このスパイラルから抜け出せなくなります。
補正予算で疑問を提起しなければならない点は、節電対策の5000万円という額です。市の資料によると「市役所、事業者、市民による全市的な節電に向けて、それぞれの主体における効果的な取組を検討し、PRを行ない、順次実施する。」ためという事ですが、節電は様々なメディアなどに注意喚起され、企業や個人でも省エネに努めているのが現状だと思います。
その現状を鑑みれば、この節電の予算を縮小し、地域商業の活性化や防災備蓄の強化、震災発生時に問題があった連絡体制の強化などの予算を拡充すべきと私は考えます。
今後任期が始まりましたら、定例会や各委員会でしっかり追及をして参ります!

おしもとよしじ

ブレーメン通り商店街通行量調査

2011年04月20日


ブログをお読みいただきありがとうございます!
昨日は青年部に所属するブレーメン通り商店街、通行量調査に協力して参りました。
午前中の30分間だけでも400名以上の方が通行することにびっくり!
このポテンシャルを活かしたイベントや地域活性化策、青年部員の一員としてしっかり企画してまいります。

午後からは統一地方選後半戦が行われている隣の東京都大田区へ、この3日間お手伝いをしている同い歳の候補の応援をしてまいりました。(選挙中なので候補名は控えます。)
隣大田区とは神奈川口構想や多摩川施策などで連携をとる仲であります。私も以前お世話になった田中健都議会議員の秘書時代の仲間が多く出馬をしております。この人脈を活かし、政策など地域を超えた連帯を図っていきたいと思います。
皆様のご健闘ご健勝をお祈りしております。私も応援弁士として選挙の延長戦と思い、走り回ります!

おしもとよしじ

災害廃棄物受け入れについての申し入れ

2011年04月16日


ブログをお読みいただきありがとうございます。
阿部市長の発言を受けて、市の環境局などに対して1400件(新聞報道より)もの問い合わせや苦情が寄せられた災害廃棄物受け入れの問題につきまして、私のところにも、ご意見、ご提言をいただき、個別に環境局に問い合わせるなどして対応してまいりましたが、昨日、会派の団会議が開催され、団13名の総意として、市長宛に申し入れを致しました。
下記に内容を載せましたので、ご確認ください。私の主張する説明責任と安全性の担保が申し入れ文章に盛り込まれてますので合わせてご確認ください。

災害廃棄物受け入れについての申し入れ
東日本大震災においては、甚大な被害を及ぼし復興に向けての支援を川崎市としても早急に行っていくべきと考える。
しかし、福島県での災害廃棄物受け入れ表明等を行った経過については、唐突な感は否めない。その結果、対応に非常に苦慮している現実があり、市民はもとより市内外からの不安の増大を招く結果になっている。
よって、放射能汚染物は移動が不可となっていることから、各自治体と連携を取って、国の廃棄物処理基準に従った対応を確実に実行するよう申し入れする。
また、併せて、どこの廃棄物をどのような形で運搬搬送するのか正確な情報を適宜開示し、説明責任を果たし、安心な受け入れ救援支援であることを申し入れする。
平成23年4月15日
民主党川崎市議会議員団
団長 飯塚 正良
他12名
川崎市長 阿部 孝夫 様

サッカークラブの子供たち

2011年04月15日


ブログをお読みいただきありがとうございますm(_ _)m
昨日は夕方のひととき、時間をなんとか作り3ヶ月ぶりに東住吉サッカークラブの練習へ参加、顔を見せると子供たちが駆け寄ってきてくれて「おしもとコーチおめでとう!」とか「よしじ良かったねグッド!キラキラ」とか「コーチのポスター登校するまで、6回見るよ」とか「俺は7回!」「お姉ちゃんは10回見るって言ってたよ」と相変わらず話しがずれてくる小学生特有の言葉責めにタジタジになりながら、サッカーを教えてまいりました。
コーチや子供たちのご父兄さまにもお祝いのお言葉いただきましたが、あと3票だったね。とかあの候補は名前の連呼だったとか…主婦の情報網は凄いなと改めて感じましたあせる
普段は政治にあまり興味がないけれども、身近に選挙に出る人がいると、興味を持ったという方がいらっしゃいました。
ほんの少しですが、政治は身近でおもしろいという意識の変化の一端を見た気がしました。これからも身近な政治の実現に努めてまいります。

おしもとよしじ

5月22日東北応援イベント開催!

2011年04月14日


いつもブログをお読みいただきありがとうございます!
昨日行われたモトスミ・ブレーメン通り商店街青年部の東北支援会議、内容といたしましては…
5月22日(日)
12時~17時ぐらいまで
商店街コミュニティーセンター前にて福島物産展や東北産の物を使った加工品の販売(パンズ、おにぎり、野菜スティックなど)を行います。
また催しものとして、もちつきや東北地方のアーティストを呼んでの演奏など企画しています。
詳しくは、随時商店街掲示板などに掲載予定の広告を参照ください!

話しは変わりますが、私の政策の根底には「地域ネットワークの再構築」があります。地域ネットワークを再構築していくには、今ある既存の町会のみならず、町会に属さない世代や、子育て世代が集まる学校と商店街がキーになると考えます。
学校は区内にバランス良く配置をされ、また商店街は、人が集まる所に自然発生した商店の集まりです。詳しくはまたお話ししたいと思いますが、是非ともこのような商店街のイベントに足を運んでいただき、東北支援のためと、地域とのつながりを多く持って頂きたく思います。

おしもとよしじ

ページ上部へ