ブログ

かながわ新人地方議員連盟総会並びに勉強会開催!

2012年04月27日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 今日は、午後に横浜市役所にて「かながわ新人地方議員連盟総会・勉強会」が開催されました。

 講演は、「マニフェスト」で流行語大賞をとられた北川正恭元三重県知事・早稲田大学教授がされ、地方分権や御自身の経歴や議員としての経験から新人議員は、今こうであるべきと提唱いただいた。

 私も今まで、予算をつけるだけの古い政治から、政治モデルの変化を訴え、現在の厳しい財政状況のなかで、本来あるべき政治を取り戻すと選挙で提言してきましたが、その内容が改めて胸にスッキリ落ちる感覚を感じた講演でありました。

 内容はこうであります。税収が右肩上がりの時代、政治は予算をつけることが仕事。予算執行権者である首長や行政に権力があった。いつの間にか議会もそれらと一緒になり、国に陳情に行き、票になる特定利益・特定団体に予算を落とす構図を作ってきたのである。

 つまりは、「税の分配」をしてきたのである。

 税収は右肩下がりの今の政治は、何をしなければならないのか…それは、「不利益(負担)の分配」をしなければならない。

 だからこそ、行政や首長にあった以前のパワーバランスは崩れ、地方分権、住民自治が基本になり、議会は弱い立場にならざるを得ないのが、現状である。議会が力を持ち、市民の代表として必要とされる存在になるには、議員提案による条例を制定し、市民に示していく必要があるという。

 この地方分権の時代、新人議員は、専門家の理事者(役人)に負けない知識を勉強し、時代にそぐわない古い慣例や体質を打破して、有権者の皆様に、必要だ言われる議員にならなくてはならないと改めて感じた。

28歳の責任。
おしもとよしじ

中原区初の地域活性化イベント「街コン」開催!

2012年04月27日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 本日発行のタウンニュースの一面を飾っていますが、中原区で初めて地域活性化イベント「街コン」が5月19日に開催されます。

 私の開催にあたるまでの活動内容も掲載されておりますのでご確認ください!

 詳細は、『元住吉コン』で検索ください!

市政レポートNo.16 地域活性化イベントを実現!(中原区内で街コン)

2012年04月27日

 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。本日のタウンニュースに私の市政レポートが掲載されております。ご確認下されば幸いです。

市政レポートNo.16 地域活性化イベントを実現!

 「震災後、商店街の売上は、非常に厳しい状況だ。元住吉駅を中心に広がる県下でも有数なブレーメン・オズ通り両商店街においても例外ではない。特に夕暮れ以降、節電で照明も薄暗く、人波は足早に帰路に着く。飲食業は勿論、その店舗に卸しをする酒屋や商店等、影響は甚大である」―。 このような商店街の深刻さをタウンニュースで報告したのは、昨年9月末のことである。その際、前橋で行われた地域活性化イベント『街コン』を紹介した。同様のイベントを川崎で行えば、交通の便や単身世帯の増加等の利点を活かし、都市景観形成地区に指定されるブレーメン通り商店街等の街の魅力発見、さらに、リピーター等の獲得を行えば、経済効果や波及効果は絶大であるだけでなく、普段のイベントでターゲットにしない若年層を取り込むことで「地域コミュニティ構築の場」という商店街の理念も達成出来ると提唱した。
 それから半年と少しが経過した5月に、この『街コン』が元住吉駅周辺の飲食店で開催するに至った。私も地域活性化の一翼を担うため、イベント運営事務局と商店街の橋渡し役になるだけでなく開催飲食店へもイベント趣旨の説明に足を運んだ。また、市の経済労働局商業観光課とも連携し、後援体制構築に尽力している。さらには、元住吉に限らず、6月には、武蔵小杉〜新丸子の飲食店でもイベントを開催する予定で立ち上げに奮闘中だ。
 現在、地域活性化・町おこしの一環として『街コン』が全国各地150ヵ所で開催されている。ただ、ブームは一過性というだけでなく競合も激しい。その点を踏まえ、このイベントをさらに進化させ、市の魅力発信に繋げなくてはならない。他都市においてGWには『街コン』と合同開催のプロ野球観戦イベントが横浜で、Jリーグ観戦イベントが仙台で開催される。イベント参加者が前述のように若年層であるという特徴を活かし、本市では、川崎フロンターレを有するサッカーやXリーグが開催されているアメフトなどの「スポーツのまち川崎」と融合させ、合同の観戦ツアー等、市の市民スポーツ室を通じ、川崎の魅力発信に、机上の空論を唱える"政治屋"でなく、物事を実現する"政治家"として取り組んでまいりたい。(※以前の市政レポートは、ブログ、もしくはタウンニュースHPより検索ください)

28歳の責任。川崎市議会議員 おしもと よしじ

 

ミニタウンミーティング!?

2012年04月26日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 今日は木曜日だったので、消防の訓練のはずが…雨で中止あせる
選手として参加する小型ポンプ操法の大会まで時間がまた一日と狭まってしまい、とても残念です。

 急遽、消防の年上の先輩といつも政治を語る食事所へ、店主も含め、市政報告をして、ミニタウンミーティングに突入。

今日のニュースもあり、話は、政局や人物の話へ

野田総理や

橋本大阪市長…

石原都知事…

小沢一郎先生について

私なりの政治感を持ってお話をして、納得を頂いたことも多くあったかと思います。

 その話の中で、政治と金の話しがあったり、政治家とは何なのか、話しをする機会があり、私なりの答えを導き出すと…

 「政治家は、次の選挙を考えるのではなく、次の世代の事を考えるべき」であるとあえて述べておきたい。

 また、貴重なお時間を頂いた皆様には、感謝の意を表しこれからも川崎市のために全力を尽くしていきます。

28歳の責任。
おしもとよしじ

児童虐待防止条例勉強会

2012年04月25日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 今日は、朝から委員会に出席。午後は児童虐待防止条例について講師を招き、勉強会をしました。

 児童虐待防止条例については、今月はじめに、議員提案で提出され、成立した大阪府・大阪市・堺市を視察。取り組みを学んできた。

 今日の勉強会で、「なるほど」と感じたのは、私の感覚では、大阪は、生活環境などにより虐待が多い印象で、だからこそ事件も多く報告されているのだと思っていたが、このような議員提案の条例があるからこそ、市民意識が向上し、通告されるケースがあるから、事件となって報道されるのである。

 つまり…大阪では、虐待の氷山の一角が、取り組みによって、見えてきただけで、その他の地域においては、その氷山すら見えてない状況であるということだ。

 このブログを書いている今この瞬間にも助けを求める子供が数多くいるのである。
 昨今、右肩上がりに伸びる通告件数も、今まで虐待が少なかったわけでなく、虐待の実態が浮かび上がって来なかっただけであるという、背筋が凍る想いだ。

 今回の勉強会から、大阪視察で参加した自民・公明・民主・みんなに加えて共産も参加した。会派を超え、力の弱い子供達を虐待から守る条例を議員提案で作って参りたい。

28歳の責任。
おしもとよしじ

細野豪志環境・原発担当大臣より

2012年04月23日


「レンジャー」

トキのヒナの誕生は、私にとって久々に嬉しいニュースでした。野生での繁殖は36年ぶりというのですから、快挙です。新潟県、佐渡市、そして、トキを提供してくれた中国の関係者の献身的な協力の結果です。

日中国交正常化40周年に、成果が出たのも因縁でしょう。ささやかなものかも知れませんが、復興元年の2012年、被災者を勇気づけることにもなればと、願っています。

そういえば、今日、訪問した達増岩手県知事の部屋のテーブルに、"sure to rise"と大きく書かれたマットがひかれていました。地震に襲われたニュージーランドのクライストチャーチで使われたキャッチフレーズで、今回の災害に対するお見舞いで贈られたものだそうです。「復興、間違いなし!」といったところでしょうか?日本語の「がんばろう!」というスローガンもいいですが、口に出すことで現実を引き寄せる「言霊」の力を利用するのも、良いかも知れません。


話を元に戻します。聞くと、トキの保護に税金を使うことを疑問視する声があるそうです。子供の時に琵琶湖の生態の激変を目の当たりにした経験から、私は生物多様性こそ根源的な環境問題と捉えています。また、こうした問題に真摯に取り組めてこそ文明国と言えると思うのです。

トキの繁殖は環境省の仕事なのですが、中でも、自然保護官(通称、レンジャー!)と呼ばれる職員が、生物多様性の問題や、自然公園の保護に取り組んでいます。素晴らしい能力と情熱を兼ね備えたプロ集団です。これを機会に、皆さんに彼らの活動を是非とも知ってもらいたいと思います。

先ほど入った報告によると、ヒナは3羽。天敵に襲われないだろうか?若い親がちゃんと餌を運んでくれるだろうか?不安は尽きませんが、"sure to succeed"の願いを込めて、見守りたいと思います。

4/23
◎細野豪志の「今日のひとこと」

新座市議当選無効の件②

2012年04月22日


続きをお読みいただきありがとうございます。

…判断材料や線引きが明確ではない「生活実態」によって当選が無効になることに疑問を感じる。
 極端な言い方だが、節電を呼びかけながら、家の電気をつけっぱなしにすれば良かったのか?水道も契約して、流しっぱなしにすれば良かったのか?では、朝から晩まで働き、夜は会社の上司や取引先とお付き合いをしていて、帰って寝るだけの独身サラリーマンも、実態が無いことになり、選挙には出れないのか?

 今回、県の選管も同じ判断を下せば、報道では、全国で初のケースだという。

 時代も変われば、法も古くなるし、解釈も変わる…はずだ。 そんな時代の変貌の渦に、次世代を担う政治家の芽を摘まれてはならないと感じる。

新座市議当選無効の件

2012年04月22日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 今日のニュースで気になる記事があった。それは、今年行われた埼玉県新座市議選挙で当選を果たした立川議員が、市民としての生活実態がないと判断され、当市の選挙管理委員会から当選無効が言い渡された。
 公職選挙法では、地方自治体選挙において、当該市町村に3ヶ月以上の生活実態のある居住を要件としている。

 メディアの報道等では、光熱費はほとんど使われず、水道は、当選後に契約されたとのことである。立川議員は、県の選挙管理委員会に異議申し立てをするとしている。

 さて、ここで問題提起したいのは、「生活実態」とは何だ?ということだ。

 立川議員を知ったのは、数週間前に夕方のニュースでタレント議員として紹介され、初質問の様子が取り上げられていた。質問内容はともかく、議会慣例や制約に阻まれ、なかなか調子の出ない様子だったので、番組終了後、このブログから同世代の地方自治体議員として応援のメッセージを入れ、数日後、数行だが、律儀にメールの返信を頂いた。

 立川議員は、親の顔を知らずに、施設で育ったという。現在、26歳、子育て真っ最中であるが、ご主人とは、別居?していて子育ては、自分の親類に頼る他ないのが現状であろう。そういった家庭も今は増えている。

 そこで「生活実態」の話に戻すが、私も昨年2月中旬に公認が決まり、4月10日投票の選挙に臨んだ。2ヶ月の短期間の政治活動。朝5時起床、夜3時就寝の毎日、地盤・看板・カバンの無い候補は、一日中街頭に立つ以外に活動方法を知らないわけである。立川議員もそれは同じ状況であっただろうと容易に想像がつく。子育てと仕事をしているならなおさらで、子供の居る隣接市の親類の家に預けるのは自然であるし、行き来も多くあったであろう。少なくても、彼女の経歴や感情からすれば、親類を頼るのは当然である。

 また、新座市の自宅においてもただ寝るだけの場所であって、水道だって食事など作る暇も無いだろうし、外食か買い出しで済ますはずだ。

 それが、彼女の「リアル」なのだと思う。子育てや若年層施策に力点をおきたいのも頷ける。
 立川議員だから訴えることの出来る政策や提言があったはずで、市民も期待したからこそ32候補中、5番目の得票数で当選したわけだ。もし、今回の事でがっかりしている有権者もいるかも知れないが、それは、次回の選挙で判断されることであって…続く

中原区こども会連合会住吉地区野球・ドッヂボール大会

2012年04月22日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

 今日は、中原区こども会連合会住吉地区の野球・ドッヂボール大会が開催されています!選手の皆さん、午後には雨模様とのことですが、日頃の成果を発揮し、怪我のないよう頑張って欲しいです!

28歳の責任。
おしもとよしじ

おしもとよしじのブログ 市政に新風!!27歳の挑戦。-120422_0939~01.jpg
ドッヂボール大会の様子

党全国政令市政策協議会が開催。

2012年04月16日


 いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 今日は、朝から中原消防団のポンプ性能検査に参加。年に一度の検査ですが、日頃の消防活動には、消防資器材の手入れは欠かせません。

おしもとよしじのブログ 市政に新風!!27歳の挑戦。-120416_1026~02.jpg
ポンプ性能検査の様子

 午後からは、地元を離れ永田町へ、全国政令市政策協議会が開催され、地方分権をテーマに片山前総務大臣(慶應義塾大学教授)の講演を聞いて、勉強。

 懇親会には参加せず、飛んで帰り、消防の訓練へ参加。忙しいけれども有意義な一日でした!

28歳の責任。
おしもとよしじ

おしもとよしじのブログ 市政に新風!!27歳の挑戦。-120416_1615~01.jpg
講演の様子

ページ上部へ