ブログ

武蔵小杉のホテル精養軒で『中原区選出議員団会議』が開催。「小児救急医療体制の充実」について、日医大内に中部小児救急センターが開設も更なる充実を主張。

2013年10月31日

こんばんは!いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

20131031 oshimoto1.jpg

20131031 oshimoto2.jpg

20131031 oshimoto3.jpg

本日は、武蔵小杉のホテル精養軒で『中原区選出議員団会議』が開催。来年度の予算要望の項目が主な議題として話し合われました。要望項目の最後に議題となった「小児救急医療体制の充実」について、今年度、日医大内に中部小児救急センターが開設されたことから項目の削除が予定されていましたが、小児医療の需要はこれからも高まることが予想されることや病児・病後児の支援の観点から、項目立てて要望することを主張し、改めて文言整理をした上で検討することとなりました。子育て日本一の街・川崎に向けて、中原区が率先した取り組みを行って参ります!

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

拝啓 新川崎市長 福田のりひこ 様

2013年10月31日

拝啓 新川崎市長 福田のりひこ 様

 この度は、見事、四年前の雪辱を晴らし川崎市長に初当選されましたことお祝い申し上げます。また、今回の選挙においては、政党人としての決定に従い、実質的に何もお手伝いが出来なかったことをお詫び申し上げます。

 この選挙期間中、毎日のように『四年前』の選挙を思い出していました。当時、地元川崎で政治活動をしたいと思っていた私は、政治の師である方にそのことを相談すると、「もう話はしてある」と、相談した日の翌日から9区総支部を通じ、急転直下、川崎市長選挙の運動員として活動することとなりました。事務所を訪れたのが選挙戦2日目のことで、福田さんとお会いし、3日目から最終日まで、朝6時からの朝立ち~夜10時過ぎまでの夜立ちも率先して手伝ったことを記憶しています。期間中には、新聞沙汰にもなりましたが、暴行の被害にあったり、残り3日間は体調を崩しながら取り組み、選挙後、三日三晩高熱で寝込んだことや、『残念会』では、福田さんは市長として、私は市議会で、リベンジを図ろうと、固い握手をしたことも思い出しました。その後、政治活動を行うため就職先を選択する際にも相談にのって貰い、選挙戦を通じてご縁をいただいた滝田議員のもとで師弟関係を築くことになるわけであります。それからは、各所で顔を合わすものの、一度も同じ街頭に立って一緒に政治活動をすることもありませんでしたが、ご承知の通り、川崎での政治活動の道筋を作ってくださったおかげで2011年の地方統一選では、県議会の福田さんと同じように、市議会の最少年で当選をさせていただきました。・・・それにも関わらず、結果として、四年前の選挙を通じていただいた『恩』や『感謝の念』に報いることが出来ず、申し訳ありませんでした。

HI360063.jpg

2009年・『残念会』後の一枚。こんな写真も残っておりました・・

 しかしながら一方で、複雑な心境なので表現は正しくないかも知れませんが、前回と同じように選挙事務所に張り付き、選挙を応援出来なくて『ホッとしている』自分も居るのが事実です。その理由は2点です。まずは、戦術だということは百も承知で、福田さんも乗り気ではなかったことも存じていますが、いわゆる「ネガティブキャンペーン」は、四年前の実直に政策を訴える姿、マニフェストの進捗状況にこだわり耳触りの良い政策を取り入れることに固持されたことも知っているからこそ、今回やれと言われても私には出来なかっただろうなと思います。公営掲示板を見る度に、溜め息ばかり出ている自分がいました。特に、畑は違えど同世代の若者が、福田さんと同じように、この国や地域を憂い、将来の約束された職を捨てて、海千山千のこの世界と『川崎』の地に飛び込んで来たというのは事実に変わりありません。(そんな甘っちょろいことを言うなとご指摘いただきそうですが・・・)また、2点目については、飲みの場などでも直接お話ししたことがありますが、反対されている『特別自治市構想』等、一部の政策について疑問に感じているからであります。これは、どの候補が市長になられたとしても同じスタンスですが、市議会の一員として是々非々でしっかりとチェック機能を果たし、その政策が公の利益に資するか、間違いがあれば対峙し修正させていく。これが議会の役割でもありますから、福田さんも選挙中に訴え、望んだ構図になったことは、良かったと思っています。

 さらに、選挙期間中には、寂しい想いをした人たちもいたことを伝えておかなければなりません。ある新聞記事のインタビューに前回の敗戦後、周りから人が居なくなったという趣旨の発言をされていましたが、今年の年初、福田さんの勝負の年として若手議員で飲み会をセッティングした際、開口一番「今日は、何の会??」と言われ、言いだしっぺの私は、途方に暮れたことをその記事を読んで思い出しました。同席した某議員もこの記事を読んで同じ想いをされていると思います。どうかこの点、ご留意下されば幸いです。

 長文大変申し訳ありませんが、最後に上記のことも踏まえ、今回の投票率について生意気ついでに申し上げたいと思います。24年振りに新人同士の戦いとなりました今回の選挙。一番身近な自治体のリーダーを決める選挙でしたが、投票率は32.82%と過去2番目に低い数字となったわけです。私たちも含め、『住民の参加なきところに、成熟した街づくりはなし』と訴えておられました当事者が一番感じていることかもしれませんが、『関心が無い』というこの政治風土を変える取り組みをリーダーが率先して行い、有権者の3分の1ではなく多くの市民に選ばれる市長になっていただきたいと心の底から思っています。議会では是々非々ですが、そのためなら微力ながら、私も四年前と同じように率先してお手伝いすることを約束したいと思います。

 長々と失礼致しました。お身体ご自愛頂き、市議会の檀上で対峙し、議論することを楽しみにしております!!

川崎市議会議員 押本 吉司

『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』冷たい秋雨に沸騰する気持ちを冷却して・・・

2013年10月29日

こんばんは。いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

今日も『雨ニモマケズ 風ニモマケズ』カッパを着て、地域をまわり皆様のご意見を賜りました。支援者の声を聴いて、浮足立つことなく「やるべきことを一つひとつやる」そのことが一番重要であることを冬を控える冷たい秋雨に打たれながら考えた一日でありました。『再始動』から空回りせず、アクセルを踏み出して参ります。

20131029 oshimoto1.jpg

20131029 oshimoto2.jpg

(2枚目の写真は、先日朝に出現した『ウロコ雲』、季節と同じように政治にも移り変わりがあるのでしょうか・・・)

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

24年振りに新人同士の戦いとなった川崎市長選挙。投票率は、過去2番目に低い数字となり・・・私たち政治家が考えなければならないこと。

2013年10月28日

こんにちは!いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

24年振りに新人同士の戦いとなりました川崎市長選挙。一番身近な自治体のリーダーを決める生活に直結する選挙でしたが、投票率は32.82%と過去2番目に低い数字となりました。これは、候補者を含む私たち政治家の問題であることは言うまでもありません・・・さて、現実として投票率の向上には、私たちが、日々、靴の底をすり減らし市民と対話し、声を吸い上げ、政策を訴え、その方々の暮らしに反映させること以外に方法はないと考えます。

20131028 oshimoto1.jpg

20131028 oshimoto2.jpg

ですから、選挙も終わり、『再始動』。昼食には昨日、投票済証明書と引き換えに頂いた福島県の名産「白河ラーメン」を調理してエネルギーチャージ。気持ち新たに取り組んで参ります!!

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

モトスミ・ブレーメン通り商店街『ハロウィンイベント』が開催!今年はブレーメンⅤが登場!!小杉フェスタに、中原区文化協会の文化祭も・・・

2013年10月27日

こんばんは。いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

川崎市長選の投開票日の今日は、各地で様々なイベントが開催されており、小杉では、小杉駅南口前の工事中のロータリーの建設現場で『小杉フェスタ』が開催。適度なスペースで様々な出店やステージの出し物に会場は盛り上がりを見せていました!隣の市民館では、中原区文化協会の文化祭が開催されており、朝のミーティングに顔を出させて頂きました。

131027_1021~01.jpg131027_1019~01.jpg

午後からは、これまで商店街青年部として準備を手伝ってきたモトスミ・ブレーメン通り商店街『ハロウィンイベント』に、今年は「赤忍者」役で参加。ヒーローショーでは、商店街から音楽を奪い去るバッハローマン率いる悪役を務めました。もちろんベタな演出で音楽を取り戻す「音楽戦隊ブレーメンⅤ」が登場!最後は、みんな仲良くなるというお墨付きであります。ちなみに私の格好・・・お子様連れのご父兄からは、「忍たま」とも呼ばれていましたが・・・

写真: ありがとーう!!
ブレーメンファイブのライブ戦隊ショー、大盛況で終わったぜ!
バンザイライフ=ブレーメンファイブ
大人はわかってくれたかな。
また会える日を楽しみにしてるぜ!

ヒーローショーも無事終了で記念撮影!!年々、参加する子供達も増えているようであります!さて来年はどんな格好になるでしょうか??

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

川崎市長選挙投票日。『政治は無関心でいられても、無関係ではいられません。』モトスミ・ブレーメン通り商店街の投票率向上の取り組みも紹介。

2013年10月27日

こんばんは!いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

今日は、川崎市長選挙投票日。皆様、投票はお済みでしょうか?

『政治は無関心でいられても、無関係ではいられません。』特に、今回の選挙は、一番身近な自治体の長を決める暮らしに直結する大事な選挙です。24年振りに政策を競わせる新人同士の選挙となりましたが、前回の約36%の投票率を下回るようなことはあってはなりません。お忘れの方は、是非とも足を運んで頂きたいと思います。

私は、朝に投票を済ませ、町会の資源回収に中原文化協会の文化祭、小杉フェスタと足を運んだ後、青年部として活動するモトスミ・ブレーメン通り商店街ハロウィンイベントの手伝いへ。画像は、投票所前→投票済証明書を貰い→ブレーメンコミュニティーセンターで白河ラーメンと交換してもらえますという解説写真。商店街の投票率向上の取り組みです。格好が変わっているって?その様子はまたの機会に報告致します!!

20131027 oshimoto1.jpg

20131027 oshimoto2.jpg

20131027 oshimoto3.jpg

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

JC会員会議所会議が川崎の地で開催。川崎青年会議所のメンバーとして立礼に参加しました!

2013年10月26日

こんばんは!いつもブログをお読みいただきありがとうございます!

今日は、選挙最終日でありましたが、JC会員会議所会議が川崎の地で開催され、総務渉外委員会副委員長として川崎青年会議所のメンバーとして立礼に参加しました!

131026_1355~02.jpg

雨の中、多くのメンバーが駆け付けて下さり、誠にありがとうございました!

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

市政レポートNo.36「更なる公務員給与削減に着手せよ!!」がタウンニュースに掲載されました!

2013年10月25日

おはようございます!いつもブログをお読みいただきありがとうございます。本日発行のタウンニュースに私の市政レポートが掲載されています。以下、転載致しますのでご確認くだされば幸いです!また、その紙面では、こちらも市政レポート(http://www.oshimoto.info/report/blog/no35.html)としてタウンニュースで取り上げた商店街の投票率向上の取り組みやモトスミ・ブレーメン通り商店街のハロウィンイベントの詳細も掲載されていますので、お時間御座いましたら合わせてご確認ください。

タウンニュース http://www.townnews.co.jp/0204/

131025_0935~02.jpg

市政レポートNo.36 「更なる公務員給与削減に着手せよ!!」

 私はこれまで、『まずもって自ら襟を正し、徹底した議会・行政改革』を政策の一丁目一番地に据え、議会が率先して公務員給与・議員報酬削減に取り組んで参りました。今年の第二回定例会では、市職員の退職手当について10月より段階的に引き下げ、一般職への最大支給額で16%、市長は13%(480万円減)、副市長も12%(238万円減)削減する改正条例案が、共産党以外の賛成多数で可決され、その削減額は、今年度が約4億5千万円、来年度が約8億2千万円、再来年度が約13億3千万円になる見込みです。

 また、今月閉会した第三回定例会では、震災復興のため国の要請による給与削減を盛り込んだ川崎市職員の給与の特例に関する条例案について、共産党以外の賛成多数で可決。本年10月1日から来年3月31日までの間、市長ら特別職と一般職員を対象に、給与を削減するもので減額率は、市長、副市長がいずれもマイナス13%。その他の特別職は同10%、一般職員は役職によって同9・77%〜3・77%、課長級以上に支給される管理職手当は同10%としており、削減額の合計は、約16・1億に上ると試算されています。また、議員の報酬についても同じく7%削減(合計約2千万)を盛り込んだ議員提出条例案が上程され、賛成多数で可決されました。

更なる公務員給与削減を指摘

 さらに先月末、私が副委員長を務める総務委員会において、川崎市人事委員会から平成25年度職員給与に関する報告が行われ、持ち家所有者に対する住居手当(月額7400円)については、本市の民間事業者全体の45・2%(昨年より5・3%減)で支給されていますが、近年、減少傾向にあり、また国や県・他政令市(横浜・相模原・千葉他7市)も廃止を決定していること。また、賃貸住宅への住居手当(月額1万600円)についても他都市や民間に比べ水準が低く見直し時期が来ており検討が必要と指摘されました。その額は、年間約7億3千万円と試算されます。皆様からいただいた税金であります。委員会での意義ある指摘を受け、議会でも提言を行い、更なる公務員給与削減に着手し、行財政改革に努めて参りたいと思います。

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

川崎青年会議所の『新入会員事業』として、川崎の魅力発信"カルタ"を作成致しました!

2013年10月23日

おはようございます!いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

昨夜行われた川崎青年会議所『新入会員事業』の委員会。内容は、会員向けに行われる川崎の魅力発信"カルタ"の作成並びに運用の検証を行いました。入会したばかりのメンバー同士面識もあまりない会員が、川崎市内を歩き自ら撮って集めた写真や考えた句に一喜一憂しながら、和気あいあいと笑いの絶えない委員会となりました!

20131023 oshimoto1.jpg

20131023 oshimoto2.jpg

20131023 oshimoto3.jpg

ちなみに、3枚目の写真は、先日開催され、参与として参加しました中原区民会議の様子。議題は、「中原区の魅力発信」とそれを活かした「地域交流」についてでありますが、この"カルタ"の取り組みが、まさにその議題の答えのひとつであるような気が致しました!!

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

 

川崎市立東橘中で川崎青年会議所が主催する『第6回川崎JCバスケットボール大会~ミニモンスターバッシュ~』が開催。子母口小の体育館では、『森とせせらぎ祭り』の式典も。

2013年10月21日

こんばんは!いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

昨日は、雨のため区のスポーツ大会や少年サッカーも中止になる中で、写真は、東橘中で行われた川崎青年会議所が主催する『第6回川崎JCバスケットボール大会~ミニモンスターバッシュ~』の様子。

20131021 oshimoto1.jpg

先程述べた様々なイベントに顔を出す予定でしたが、雨のイタズラで(おかげで?)出席予定の『森とせせらぎ祭り』の式典が、子母口小の体育館に移動し開催され、この中学と小学校の体育館が合築のために、移動なく奇跡的にも、ひとつの会場で予定をこなすことが出来ました。

20131021 oshimoto2.jpg

20131021 oshimoto3.jpg

3枚目は、パラリンピックのように身体的な障害ではなく、知的障害のある方のバスケの試合の様子であります。そういったスポーツの総称をスペシャルオリンピクス(SO)と言うそうで、東京五輪の前年2019年に神奈川で世界大会を誘致する活動が展開されています。子供達もその姿に、一生懸命応援しておりましたが、ぜひ皆さんも、その取り組みにご期待下さいませ!!

30歳、責任世代の挑戦。おしもと よしじ

ページ上部へ