• TOP > 
  • ブログ > 
  • タウンニュースに掲載されました!市政レポートNo.98『更なる丸子地区・浸水対策を要望』

ブログ

タウンニュースに掲載されました!市政レポートNo.98『更なる丸子地区・浸水対策を要望』

2018年03月30日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

本日発行のタウンニュースに私の市政レポートを掲載しております。お時間ございましたら下記よりご一読頂けましたら幸いでございます。

市政レポートNo.98『更なる丸子地区・浸水対策を要望』

昨秋、台風21号により浸水被害に見舞われた「丸子その1排水区」の浸水対策ですが、この排水区は、浸水実績を考慮し重点化地区として昨年まで7年間、対策工事が行われて来た所です。これは、既往最大降雨(時間雨量92mm)でも床上浸水とならぬよう、地上に溢れ出す前の雨水を8200㎥貯留する雨水幹線を新たに築造する内容で、豪雨時、上丸子天神町や新丸子駅東西から雨水をこの新設幹線に流入させ、現存既設幹線の負担を軽減し、排水区全体の能力向上を図るものです。午前7時頃をピークに町内の4分の1程度が浸水した上丸子山王町2丁目については、既設幹線上に位置しており、前述の新設幹線へ雨水を取り込まず、後者の負担軽減により対応するとしていましたが、結果的に被害が発生。状況によって被害拡大も想定され、今後更なる浸水対策の実施に向け"正確な原因把握が不可欠"と主張、町会関係者ともヒアリングを重ね調査を行い、取組方針を議場で質しました。  

当局は、発生原因を「地盤の低さ」と「多摩川の水位上昇による雨水の排水困難」として来ました。そこでまず、既設幹線に余力を持たせる貯留管の容量について、当日の状況を問うと、水位計の記録から「午前5時47分に、管内が満水となった」とし、「既設幹線の負担軽減効果が発揮出来なくなった」旨の見解が示されました。また、複数の現場写真から浸水した雨水の色に着目、河川排水ゲートに近い既設幹線上の濁りが非常に強い事を指摘、雨水の排出困難だけでなく"河川からの逆流"の可能性を質すと「浸水状況を正確に再現する事が重要、今後、対策手法の検討の中で、写真も参考に影響について確認したい」旨答弁。さらに、質疑の中で対策案も提言、前述の指摘や提案も踏まえた対策の検討を当局が約束、早期実施を求めました。今後もこれら抜本的な対策に注視しながら、完成までの間、衛生上の防疫対策や関係局との連絡体制の構築・減災対策が可能となるよう取り組んで参ります。 


34歳、未来への責任。おしもと よしじ

月別アーカイブ

  • おしもとよしじ市政レポート一覧
  • 被災者支援基金
  • あなたの声をお聞かせください!WEBアンケート
  • おしもとよしじfacebook

ページ上部へ