• TOP > 
  • ブログ > 
  • 小川敏夫参議院議員の『リベラル再結集発言』について

ブログ

小川敏夫参議院議員の『リベラル再結集発言』について

2017年10月15日

 いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

 この間の野党再編の中で色々思うこともありましたが、一連の動きに影響してはならないと発言を控えて来ました。しかし、さすがに今回は堪忍袋の緒が切れましたので、ここに記述したいと存じます。

 小川参議院議員の『リベラル再結集発言』についてですが、「有権者をバカにするのもいい加減にしろ。」と言いたい。今日も地域活動や街頭に立つ中で、この発言について言及され、「(悪い冗談の意味で)腹を抱えて大笑いした。」「ありえない。」など、これらは、私の支援者からの声の一部です。

 もう一度貴方たち国会議員が了承した両院議員総会の内容を読み返して欲しい。当分の間の党務については代表に一任するのではないのでしょうか?さらに、一任された前原代表は、すぐさま民進党の参院議員や地方議員、党員・サポーターについて「衆院選が終わった後にどういう形で合流するか、一つになることを目指して努力する」と発言しているではないのですか。選挙も終わっていないのに、「リベラル再結集だ?」そもそも民進党の代表でもない方が誰の了承で述べているのだか理解に苦しむ。

 連合を中心として、これまでの人間関係があるのもわからなくはないですが、全力で支援すると決めた「希望の党」の候補者だけでなく、政治家の出処進退、民進党を出て行く判断をした「立憲民主党」の候補者に対しても失礼だし、追い風を止めかねない選挙妨害甚だしい発言。まさに、党のガバナンス崩壊の象徴と言える行為。また、『前提条件が崩れた事』などを理由にしているようですが、決められた事に従えない。まさに、民主党時代から引き継いだ民進党のお家芸とはこの事。だから有権者に見放されたということをまったく理解出来ていない。(また、これまでも、幅の広すぎる保守からリベラルまでの政策の不一致に悩まされてきたにも係らず、更なる混乱を招く事は必定です。)

 そういう意味では、立憲民主党の幹事長に就任した福山哲郎参議院議員は、まさに政治家として筋を通したという事。はっきり言うが、新しい政党の立憲民主党が政権を取れるとしても民進党では一生政権が取れない理由がこの『言うことのバラバラ感』であり、最後の最後まで政党の持ち味、政党文化?を披露しなくても良いのにと苦言を申し上げたい。

 常日頃から違和感を抱いてきた「国会議員が勝手にものごとを決める。」この政党。

 岡田元代表・細野議員の代表戦、一回目の投票で国会議員・党員・サポーター票全てで細野議員が上回ったのに、ルールとはいえ国会議員の決選投票で決めた時からそう強く感じているが、地方議員のことなど一切考えもしないのではないでしょうか?

 地方議員は、今回の衆議院議員選挙にあたり「希望の党」の候補者を全力で支援する。ということも決めた。もうすでに、我々は矢面に立ち、リベラル層の支援者からそっぽを向かれているのに、「あの衆議院選挙の応援はなかった事に」などと、どの口が裂けて言えるのでしょうか?ツイッターで民進再結集ではなく、リベラル再結集だと釈明しているようですが、この小川議員の発言と行動は、まるで党の決めたことに則り、希望の党を全力で応援する私たちのような地方議員へのまさに「排除の論理」、因果応報と受け取って良いのでしょうか?追い討ちをかけるように、傷に塩を塗って頂いたようなものであります。

 さらに言えば、希望の党が伸び悩んでいるからの発言と行動と報道されています。これが、事実とするならば、まさに、2年後に控える参議院議員の選挙目当てと言わざるを得ません。確かに、地域事情によりますが、参議院は、リベラルの野党共闘も一定の効果がある側面もあるのでしょう。但し、有権者は、そんな馬鹿ではありません。必ずこういう発言や行動を見ていますから悪しからず。

 また、きな臭い話しですが、そういった選挙も絡んで120億と言われる資金も目当てなのでしょう。ちなみに、地方議員は、上納するばかりで、国会議員のようなこの政党助成金の恩恵をほとんど受けていないのが実情です。これまでの代表選挙、いつも期間中は、地方議員に対して良い事ばかり言いますが、改善された実感など無いと付け加えて申し上げておきます。

 最後に、選挙期間中の今回の発言によって及ぼす影響は、計り知れません。ひしひしと感じています。

「この罪は、相当に重い。」

 前原代表には、党のガバナンスを最後までしっかり発揮頂きたいと期待しています。

 

参照

9月28日の両院議員総会で了承された内容

 

一、今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。

二、民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。

三、民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。

 

※民進党の参院議員や地方議員、党員・サポーターについては「衆院選が終わった後にどういう形で合流するか、一つになることを目指して努力する」とその後、発言した。

ページ上部へ