• TOP > 
  • ブログ

ブログ

タウンニュースに掲載されました!市政レポートNo.107 『祝不祥事を繰り返す団体が再認定!?問われた議会の姿勢とは?』

2018年12月21日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

本日発行のタウンニュースに私の市政レポートを掲載しております。お時間ございましたら下記よりご一読頂けましたら幸いでございます。


市政レポートNo.107 『祝不祥事を繰り返す団体が再認定!?問われた議会の姿勢とは?』

先の定例会では、南部地域療育センターの指定管理者として「川崎市社会福祉事業団」が再認定されました。この法人は、2年前に他運営施設にて職員の横領事件が発覚したことに伴い、コンプライアンスの徹底はもちろんのこと、今後の指定管理議案提出にあたっては、議会の慎重審議に資する適切な提出手法の検討と報告を求める付帯決議(※条件を付けて賛成する内容)が議会より付されていました。しかし、その後も当該法人が運営するこの南部地域療育センターにおいて、退職職員の印鑑を無断で用いて虚偽の資料を作成の上、市からの給付金等を不正請求するなど、度重なる不祥事が発覚しました。  

よって、今回の指定管理者の募集では、我が会派の求めに応じ当局が応募期間や周知について改善を図り、広く公募を行うことで複数法人の提案を通じた選定を促してきましたが、結果として当該法人のみの応募となりました。そのため、その後の審査では、最低限必要な採用基準点をかろうじてクリアする点数であると厳しく評価され、学識経験者からなる選定評価委員会においても前代未聞の附帯意見が付けられるなど、異例な過程を経たところです。

それらを踏まえ、議案審査が行われた健康福祉委員会では、我が会派が、この当該法人への更なる法令順守や利用者の信頼回復に努める旨の付帯決議(※解説前述)案を調整しましたが、他会派の賛同を得られぬまま採決が行われました。 

議会・議員の役割は、行政への管理監督であり、不祥事を重ねてきた当該法人に対して何の意見や条件を付さぬまま事業を委託することは、危機管理意識や問題意識が薄いと受け止められかねない議会の姿勢が問われた議案であったと考えます。一連の不祥事の背景には、当該法人が市職員の天下り・再就職先の指定席であり、当局との馴れ合いや癒着の果ての姿であったと言え、弊害のシグナルがこれまでも発信されてきた訳です。市議会が行政へのチェック機能を果たさなければ影響を受けるのは市民であることから、批判を恐れず誰かが"おかしいことはおかしい"と言わなければなりません。これからも果たすべき役割を肝に銘じて職務に取り組んで参ります。 


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

川崎フロンターレから3年連続年間最優秀選手(MVP)選出 家長選手おめでとうございます!

2018年12月19日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。


昨日、Jリーグの年間最優秀選手に選ばれた川崎フロンターレの家長選手(右端)。

20181219oshimoto.jpg

一昨年の中村選手、昨年の小林選手に続いてのMVP受賞となり、同一クラブから3年連続は史上初の快挙です。おめでとうございます!
写真は、先日行われたクラブ主催の祝賀会での一枚。受賞を予想していた私は、真っ先に撮影をお願いに。

一緒に写って頂きました阿部選手、登里選手も本当にありがとうございました!


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

市議会 "議案への討論"と"一般質問"に登壇しました

2018年12月18日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。


明日が最終日の議会ですが、"議案への討論"と"一般質問"に登壇しました。
後者では、
①等々力緑地のマーケットサウンディング実施について、
②公園でのルール作りのガイドライン(ボール遊び)について、
③丸子地区の浸水対策について、
市政の取り組みを質しました!


20181218oshimoto.jpg


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

川崎フロンターレ優勝報告会にて、なんとあの二人と!

2018年12月10日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

「押本君、ちょっと写真撮ってくれないか?」 来賓で参加した優勝報告会にて川崎フロンターレ中原アシストクラブ会長からお声掛け。
 "このツーショットは、会長位しか撮れないでしょ"と思いながら、写真係を勝手出ると...「押本君も入って!」流石に気が引けましたが、憲剛選手も近くのスタッフに「撮ってあげて」とひと言。 中村選手・小林選手ありがとうございました!会長、ナイスアシストです。

20181210oshimoto.jpg



35歳、未来への責任。おしもと よしじ

川崎フロンターレ・J1最終戦 等々力陸上競技場ホームスタジアムでの優勝セレモニー

2018年12月01日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。


川崎フロンターレ・J1最終戦 ホームスタジアムでの優勝セレモニー。
今年もたくさんの感動をありがとう!チーム、選手、何よりも声を枯らし応援し続けたサポーターの皆さま、本当にお疲れ様でした。

※ちなみに、公務(スポーツ振興議連)としての観戦でしたけど、誰よりも楽しんでしまいました~

20181201oshimoto.jpg


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

タウンニュースに掲載されました!市政レポートNo.106 『祝J1リーグ連覇の川崎F!更なる高みを目指す試金石が進行中!?』

2018年11月30日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

本日発行のタウンニュースに私の市政レポートを掲載しております。お時間ございましたら下記よりご一読頂けましたら幸いでございます。


市政レポートNo.106 『祝J1リーグ連覇の川崎F!更なる高みを目指す試金石が進行中!?』

本市では、都市公園法の一部改正の趣旨を踏まえ、等々力緑地において、陸上競技場のサイド・バックスタンド整備やPark-PFI(公募設置管理制度等)の活用、公園内施設の一体的・横断的な維持管理及び利活用を対象として、緑地の更なる魅力向上に向けた検討を行っており、そのため、現在、市民の利便性やサービスの質の向上、経費縮減の視点を含めて民間事業者の柔軟な発想に基づく幅広い意見や事業提案を求める"マーケットサウンディング"(以下「調査」という)を実施しています。  

特に、その調査の中でも、J1リーグ連覇を果たした川崎フロンターレのホームスタジアムである陸上競技場のサイド・バックスタンド整備については、市が現状において『増改築案※』を整備の基本方針としておりますが、我が会派の質疑に対して「民間事業者による全面改築の提案を受けた場合は、その可能性についても検討してまいりたい」と答弁で明らかにし、提案内容によっては多くのサポーターが求める『全面改築案※』採用の可能性を残すことになりました。

今期J1リーグのホームゲームにおけるチケット販売は、最終節も含めて17試合中、13戦で完売を記録。超満員の"フロンターレブルー"に染まった試合会場の雰囲気は、12番目の選手として連覇達成の原動力となった一方で「チケットが手に入らない」という声も耳にします。今回の調査による観戦環境の改善、一体感のあるスタジアム整備の実現がチーム・選手・サポーターを始めとした施設利用者を更なる高みへと牽引する試金石となります。今後行われる提案事業者への個別対話の実施(H30・12月)及び調査結果のとりまとめ(翌1月)に注視し、市民意見聴取の機会を担保しながら、その実現に向け邁進して参ります。  


※増改築案の観戦環境は、全面改築案に比べて2階スタンド部分を現存のまま使用するため多くの観客席で大幅な改善が望めず、増築する3階スタンド部分もピッチからの高低差が生じるという課題があります。また、先行整備された2階層で構成されるメインスタンドとの一体感や回遊性、デザイン感を損なうとの指摘も存在します。  



35歳、未来への責任。おしもと よしじ

健康福祉委員会『川崎市消防航空隊』の視察に訪れました!

2018年11月21日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。



健康福祉委員会『川崎市消防航空隊』の視察です。この後、新設された新庁舎及び格納庫を見学。
さらに、更新された"そよかぜ2号"にて市内を上空から観察しました。


201811oshimoto.jpg


ヘリコプターによる上空からの写真も公開します。

 ※上部写真が多摩川と小杉周辺を市南部・川崎駅方向に撮影。左下が都内・東京タワー&東京スカイツリー。
右下が機内の様子であります❗


201811oshimoto2.jpg


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

【市政報告ビフォーアフター】 二ヶ領用水沿いの雑草除去作業

2018年11月19日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。


今年は、猛暑で雑草の生育が良いばかりでなく、除去作業も制約された為に、役所の"対応も遅れた"との報告でありましたが、無事に対応頂き感謝であります。

20181119oshimoto.jpg



35歳、未来への責任。おしもと よしじ

去年の"あの感動"が再び!川崎フロンターレ2018J1リーグ優勝記念パレードのスケジュール及びルートなど詳細が報道発表

2018年11月16日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。


川崎フロンターレ【2018J1リーグ優勝記念パレード】のスケジュール及びルートなど詳細が報道発表。

12月9日(日)10時半~市役所第3庁舎1Fロビーにて市長報告後、10時55分頃~同庁舎前から出発式&パレード開始です。

詳細は、市HPより 
http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000101895.html


20181116oshimoto.jpg


35歳、未来への責任。おしもと よしじ

タウンニュースに掲載されました!市政レポートNo.105 『木月・苅宿・平間小や住吉中などに共通する"学校プール"の課題と要望とは?』

2018年10月26日

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

本日発行のタウンニュースに私の市政レポートを掲載しております。お時間ございましたら下記よりご一読頂けましたら幸いでございます。


市政レポートNo.105 『木月・苅宿・平間小や住吉中などに共通する"学校プール"の課題と要望とは?』

今夏の記録的な猛暑を受け、全国各地の学校において使用中止が相次ぎ、その実施の在り方も問われた"学校プール"ですが、本市では、多くの学校から"ある要望"が寄せられる事態となっています。  

学校白書によると、市内公立学校の34校において、主に「汲み置き式※」や「老朽化」の課題から改修に関する要望があり、現状、プール設置校165校中、汲み置き式が27校、築年数40年以上が32校と深刻で学習環境の改善が急務となっています。  

区内では、表題にある小・中学校をはじめ玉川・今井・大戸小及び中原中でもプールに係る要望が寄せられていますが、8月に教育委員会事務局へ要望書の提出を行った"木月小"においても汲み置き式で供用開始後45年が経過している事からPTA並びに学区の町内会連名による短期・中長期での改修を求める内容となっています。私も滝田県議を交えて、その提出機会の創出に尽力、同席の上で現地プールも視察した経過があります。また、同小では、今年度、児童増加を見据えた敷地調査が行われ、今後の校舎増改築等の機会を通じたプール改築・併設も可能として抜本的な取組も提案。議会にて見解を質すと、「(早期改修を要する)プールサイドの突起物・障害物や排水溝の水漏れなどについては、現地調査等を行い、対応策を検討している」と対応を約束、抜本策についても「グラウンドの狭隘化やプールの課題等を踏まえ、検討を進める」旨、答弁されました。今後も引き続き、これら全ての学校の課題解消に資する取り組みを促して参ります。 

※ろ過装置が無い"汲み置き式"は、文科省基準により1週間に1回以上、水の入換及び清掃作業を行う決まり、休日出勤等による水貯めと定期的な監視、学年毎の水位調整なども必要で教職員の働き方改革に逆行。また、多大な水道使用料や清掃・消毒用の薬品購入等の経費も要すると指摘されています。 

35歳、未来への責任。おしもと よしじ

月別アーカイブ

  • おしもとよしじ市政レポート一覧
  • 被災者支援基金
  • あなたの声をお聞かせください!WEBアンケート
  • おしもとよしじfacebook

ページ上部へ